燦美の宿 旅館かわな

食事処、客室のデザイン→設計→施工を担当しました。

客室は、既存の7.5帖×6室を
6帖2間+シャワールームで広々とした3室へ。
大正ロマンをテーマにお部屋ごとに
建具や色合いを変化させていきました。

ホテル仕様だった窓の前に、高さのある圧倒的な障子で
それぞれの和の空間を彩り、楽しむことができます。

別のお部屋にも宿泊してみたいとの意欲をかきたてる
しかけ作りです。

また、昨今、旅館でも客室での禁煙化が進む中、
宿主さまの気配りにより、
ランドリールームとして利用されていた個室を
しずる感ある喫煙所へと変身させました。(写真5)

Tsukigase Spa ufufu ― 雲風々 ―「月響」

旅館名称を「雲風々」へと改め、新たなブランド構築をし、大幅なリノベーションを行った再生プロジェクト。

改修した離れの7室全てにテーマ性をもたせ、レイアウトも設えもそれぞれ異なったものとなっています。

月響(げっきょう)という名は南西の夜空に、輝く月明かりを眺められるというところから由来しています。

内装は、暖炉のある一面川石張りのリビングや、壁と天井に配した飾り枠が特徴の和モダン空間となっています。

露天風呂は、玄昌石、石英岩といった天然石を使用した、水中に白い三日月が浮かび上がるデザイン。
また、温かい湯が循環するよう、湯出し口は2か所に設けるなどの工夫をしています。

「和モダンリゾート」をテーマに、時の流れと季節の移ろいを、五感で感じさせる非日常空間へと仕上げました。

Tsukigase Spa ufufu ― 雲風々 ―「蛍火」

旅館名称を「雲風々」へと改め、新たなブランド構築をし、大幅なリノベーションを行った再生プロジェクト。

改修した離れの7室全てにテーマ性をもたせ、レイアウトも設えもそれぞれ異なったものとなっています。

蛍火(けいか)という名は、この客室専用に新設した蛍テラスから、小道を挟んで蛍の飛び交う小川を楽しめるというところから由来しています。

内装は、グレイッシュの落ち着いた色調をベースに、蛍の放つ光をイメージしたゴールドのタイルや、丸くくり抜かれた照明がポイントとなっています。

また和室には、デザイン格子の雪見窓と、茶室の躙り口のような背の低い扉を設け、和の趣を感じさせています。

和室家具には、高齢の方でも無理なくゆったりと過ごせるよう、オリジナルの高座椅子を制作。

「和モダンリゾート」をテーマに、時の流れと季節の移ろいを、五感で感じさせる非日常空間へと仕上げました。

Tsukigase Spa ufufu ― 雲風々 ―「笹音」

旅館名称を「雲風々」へと改め、新たなブランド構築をし、大幅なリノベーションを行った再生プロジェクト。

改修した離れの7室全てにテーマ性をもたせ、レイアウトも設えもそれぞれ異なったものとなっています。

笹音という名は、ライトアップにより浮かび上がる竹林の直線美を眺められるというところから由来しています。

内装には深緑のタイルと竹が交互に配された壁や、天地左右をぐるっと竹で囲った寝室など、竹をふんだんに使用しています。

露天風呂は、檜調のタイルを使用した浴槽に傾斜と枕をつけ、寝湯が楽しめるのが特徴です。
また、温かい湯が循環するよう、湯出し口は2か所に設けるなどの工夫をしています。

「和モダンリゾート」をテーマに、時の流れと季節の移ろいを、五感で感じさせる非日常空間へと仕上げました。

IMAJINE LUXURY

no images were found

コンセプトはラグジュアリー。ウェイティングスペースとレセプション、シャンプーブース、セット面でのシーン分けをすることで、それぞれの空間に適した贅沢感を味わえるよう配慮しました。
それぞれのシーンにくせのある素材を掛け合わせること、それをいかにまとめ上げるかにこだわりました。エントランスに入るとすぐの非常にシンプルだがインパクトのあるディスプレイは、実はまるごと収納スペースになっていて、無駄なバックヤードではなく、有意義なものとしたこともポイントとなっています。
そして窓ガラス全体に施したウォーターカーテンが、何より心地のよいラグジュアリーな空間へと導きました。

 

 

塩原温泉 四季味亭ふじや

外装・露天風呂・客室の改装を担当。

冬には雪をまとい作業が困難になってしまうというリスクとオープンの希望日程から、恐るべきスピードで完成させました。

露天風呂付客室に関して、露天風呂の浴槽のタイルは檜タイルと呼ばれるものを使いビジュアル的に檜を全面に出しながら、実際にはタイルなので多方面で利便性があります。

また、客室では間接照明と全体の色で、やわらかさを演出。

部屋の浴室では、細身のタイルを横張りすることで手を抜かない、ありふれていないスタイリッシュな空間とより広く見せる工夫を施しました。

「塩原温泉 四季味亭ふじや」HP

antileaf

アンティークとグリーン(植栽)がテーマのさわやかで明るいサロン。

訪れたお客様の気分を癒すようなブライトトーンの配色に挑戦しました。

壁面のライトグリーンのエイジング塗装は

お店のオーナー、職人の方と皆で色の調合を試行錯誤し、重ねる色に配慮しました。

また、トイレのカラーリングに変化をもたせギャップのある演出に。

受付カウンター背面の3本ラインの棚にはグリーンが豊富に配置できます。

照明や扉の取手、ミラーフレームそれぞれにオーナーのこだわりが現れています。

antileaf HP

箱根湯本温泉 湯さか荘

「湯さか荘」では広々とした客室を生かし、白木を基調に淡いカラーリングを施すことで、ほっと癒しの空気の漂う客室を実現しました。また、各室にゆったりとした露天風呂を設け、湯船につかりながら箱根の景色を堪能する、更にここでもライティングにこだわり、癒しの効果を高めました。

部屋それぞれに個性をもたせる工夫もしました。
客室金時は「横」の部屋、客室明神は「四角」の部屋、客室双子は「縦」の部屋とテーマをもたせ、それぞれの照明・障子・大和塀・などに特性が表れました。その他にも天井・壁・床も各室仕様を変え、いつも新鮮な何度でも宿泊したくなる旅館を目指しました。
「箱根湯本温泉 湯さか荘」ホームページ

Hair+Cafe 縁

カフェが併設された古民家テイストのプライベートサロンです。

セット面2にシャンプー台1の贅沢な空間で、
最大8席のカフェスペースと共にあたたかく迎えてくれます。

圧迫感を感じた低い天井を解体し高くしたことや、
線路を眺める大きな窓が、こじんまりとした空間の中に開放感を与えています。

美容室とカフェの間仕切りは、其乃伍の古建具を塗装し利用しました。
これは小学校の廃材を再生し、古民家テイストに一役買っています。

陶磁器の洗面ボール、レトロな照明やのれんなど
昭和を思いおこすような懐かしみをプラスでき、
お施主様のご両親にまで喜んで頂けた空間です。

エントランスのエイジング扉や壁面の書き文字にも注目です。

ご近所の方々が自然に集まるような、
家族で集い時間を忘れてしまうような、
そんなぬくもりを感じられる空間になりました。

Hair+Cafe 縁ブログ

XEBEC RIM

「アンティーク」な家具や照明と「新しい」をバランス良く配置した理髪店。

隣接する美容室(chouchou)の明るく可愛らしいアンティークと対比させた店内です。

お客様にとっていつもより少し上質で、
男心くすぐるダンディズムをちりばめた空間へと仕上げた。

「XEBEC RIM」HP