空間デザイン|新規プロジェクト|パリ視察 – 異国での再会編 –

こんにちは、吉川です。

約5日間という、あっという間のパリ視察でしたが、
今回フランスへの上陸はボスを除き、スタッフ全員初めてのことでした。

出発前は
「フランス人に英語は通じるのか?」
「電車の使い方がかなり複雑そう・・・?」
といった不安もあり
・・・前半だけでも誰かに案内してもらえないか?
ということで、パリに留学中の大学時代の先輩にアテンドをして頂きました。
▼再会の記念に、ノートルダムでツーショット
tomomisa.jpg
今回アテンド頂いたのは半年ほど前から来仏されている三澤直也さん。
大学卒業生の中から優秀者に特別に与えられる「パリ賞」を受賞したことから、
ご夫婦でパリのアトリエに入居されています。
最近では石巻のコンペで優秀賞を受賞されるなど
活躍の目覚ましい三澤さんのお仕事について、少しご紹介したいと思います。
主に家具や暮らしにまつわるデザインをされていて、
毎年展示会やコンペなどで新しいアイディアを発表されています。
(私は展示会の度にいつもお邪魔して、隠れファンでもあります。)
misawa.jpg
作品は一貫してシンプルなものが多いのですが、
決して機能性や座り心地を損わない、試行錯誤を経てよく練られているものばかりです。
私自身、三澤さんの研究室には試作品がいつもたくさん置かれていたのをよく覚えています。submarine.jpg

時にはよーくみると思わず笑みがこぼれるような、愛嬌を感じるものも。

是非ホームページから、作品をチェックしてみてくださいね。

三澤さんのブログからは最新のパリ情報も盛りだくさんです!話は戻りますが、今回三澤さんには現地の予約の手配をして頂いたり、
パリの複雑な裏路地もスイスイ~っと案内していただいたおかげで、
詰め込んだスケジュールを難なく、むしろゆったりと満喫することが出来ました。

再会と同時に、エフ・モードスタッフにも紹介できたので、
今後なにか一緒にアクションを起こせるきっかけになればいいな~と、期待しています!

人気blogランキングへ

吉川