STAFFblog-旅館とホテル

今回、温泉めぐりに行ってきました

談話室.JPG

湯布院 旅館 
長門温泉 ホテル
有福温泉 旅館
玉造温泉 ホテル
城崎温泉 旅館
三河温泉 ホテル

旅館とホテルを交互に泊まってみると
それぞれの長所や短所がすごく良くわかりました

私はやっぱり部屋食が苦手かもしれません

食事の準備をして頂く時間もさることながら
狭い部屋の場合、布団を敷いていただくのを待つのが。。

和洋室でなくても2間続いていたら
あらかじめ敷いておいてくれればなと感じました

お食事を外で個室、
和洋室で布団でなくベット、
部屋にお風呂もほしい

と欲を出せば、お値段もそれなりなわけで、、、

今回の旅行で、サービス、コストパフォーマンス、雰囲気、風呂、食事

総合して一番良かったなーと思うのは 
長門温泉の大谷山荘 ホテルです

比較的安価なプランから用意されている割に、
施設はしっかりしていました

接客のお姉さんが皆さん美人だったのも、嬉しかったですが
朝のバイキングでお礼参りに帰ってきたと思われる
安倍晋三さんに遭遇

ちょっとテンションあがりました

こんなホテルと比較されて、
旅館としてはどうすべきか
難しい問題だなーと思います

今回のプランの中で
ホームページを見て素敵だったので
是非行きたいと思い予約した宿が2つあります

行ってみての感想は、、残念でした。

2件とも最近改装した旅館で内装は凝っています
サービスも努力が見えます
値段は17000程度で、部屋の大きさは10畳+4畳程度+広縁
食事は部屋、お風呂はナシ、

悪くないのですが、やっぱり・・残念。

そう思わせるポイントは3つ

1、 HPが素敵で期待度が大きくなってしまう
2、 もともと古い旅館なので階段が急で往来がしづらい
3、 金額と内容を考えると30000円でもっとゆったり、か
10000円でホテルの大きなお風呂の方が割安な気がした

ということなのかなーと思うのですが
書き込みを見てみると皆さん割と満足されているようで
私だけかもしれません

温泉街としてみると
城崎温泉がおもしろかったです

城崎温泉.JPG

朝から浴衣を着た老若男女が温泉街を
カランコロン音を立てて歩いています

昔から、外湯めぐりが盛んだそうで
朝から晩まで色んな宿のお客さんが歩いています

各宿では色とりどりの浴衣を貸し出しているので、
華やかですし

とにかく年齢層、客層の広さにびっくりしました

*おまけ

松江城は現存するお城12城の内の1城で
昭和に入って改修工事が行われています

松江城.JPG

写真にあるように
柱をいろいろな木を組んで作ると一本の太い木を用いるよりも
強くなるそうです

 

人気blogランキングへ

F-MODE 山口

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です